伐採などの依頼は専門業者へ~お庭の助っ人たち~

庭

プロの仕事

芝生

最近では専門業者に連絡をすれば、木の剪定や芝張りをしてもらうことができます。腰布を巻いて、ハッピを着た職人さんが独自の技術で仕事をする、そんなカッコいい人たちに憧れもしてしまいます。

View Detail

チェーンソウ

自然

チェーンソウはとても便利なものですが、使い方を誤ってしまうと大変な事故になってしまいます。そのため、自治体から許可をもらって講習を受ける必要があります。しっかりと手続きをして、便利にチェーンソウを使いましょう。

View Detail

プロフェッショナル

園芸用品

庭を作るということは、適度に芝貼り、草花を整え、伐採をしてきちんと栄養をやって水をまき、形を整えること。まあまずはこんな感じでしょう。このいくつか挙げた要素の中で、いちばんお尻にある《形を整えること》というのが、ここで扱う大きなテーマです。ということになりますね。つまり、ボーボーに伸び放題の枝や芝張りされているところの草をはさみで切って整えるのが剪定で、庭全体を見たときに「この木が一本ジャマだ」ということで根もとから切り倒してしまうのが、伐採です。「この木が一本ジャマだ」というとですね、いかにも葉巻をくわえた大金持ちのオッサンの台詞みたいですが、庭に生えた木が邪魔になる、生活のさまざまな場面で物事を妨げる――そういうことはあるんです。物理的にジャマというだけではなくて。というのは、木がそこに生えたままになっていると迷惑だ!とこういう場合が、少なからず考えられるからなんですね。木っていうものは成長するものです。グングンと上に伸び、枝葉を広げて茂らせます。枝が塀から道路にはみ出る、というのも充分な理由になりますが、茂った枝葉に隠れてハチが巣を作っているとか、落ち葉の量が半端じゃないとか、そういうこともあるわけです。あるいは、木の成長っていうのは、土から生えている上でばかり起きるものではありません。地中をがっしりと掴んでいる根っこもまた、成長します。塀際にある木の根が育ち、境界をこえてお隣の家に侵入する。侵入するだけならまだしも、塀を押し上げてヒビを入らしたりなんかすると大変です。こういう理由からも、木の伐採というのは必要になってくるんです。

料金で比較する

園芸

庭の手入れのために草むしりを専門の業者に依頼をしておく必要があります。料金は広さによって算定されます。業者によって料金設定は異なっているので、これらの違いを踏まえて選んでいくことが必要です。

View Detail